スポンサーリンク

ブログ・サイト運営

【GoogleAdSenseマネタイズの教科書・札幌セミナー】のんくらさん ってどんな人?

投稿日:2019年3月25日 更新日:



2019年3月13日、「のんくらセミナー」ことGoogle AdSenseフォローアップセミナー(札幌)に参加してきました。
当日は受付を担当させていただいたものです。

「受付で強制的に名刺渡してきたおばちゃん、誰やねん?」

参加者の方々には謎の人物だったかもしれませんね。

のんくらさん(@matari39)とは8年前、無料ブログサービスで子育てブログを書いていた頃に出会い、私にとっては、恩師でもあり...そうですね。
友人というよりも、先生というよりも「お兄さん」という位置づけがぴったりの。そんな大切な存在です。

8年間お付き合いがあるといっても、実は今回が初対面。Webの世界ではあるあるかな?
出会った当時からお互いに随分と歳をとりました。

そして「私ったらサイト運営者として全然変わってないなぁ..」なんて思っていましたが、すっかり有名になった「のんくらお兄さん」も、私が尊敬してやまない心の根っこの部分はちっとも変わっていませんでした。

ここでは、私から見たのんくらさんの人物像、Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]について、そして札幌セミナーの様子などをお伝えしたいと思います。

私自身、人が集まる場に出たのは、4年前の同窓会以来。
家族以外と夜に外出したのは、約2年ぶりかな?...しかも札幌。大都会。
『家庭』という狭い世界で生きる私にとって初めてのセミナー参加は、かなりの珍道中でした。
ということで、珍道中ポイント」もご一緒にご閲覧いただけると幸いです(笑)

スポンサーリンク

私から見たのんくらさんの人物像

8年間、顔も知らずに繋がり続けてくださったのんくらさん。
出会いのきっかけは様々ですが、「その人」を知ることで書いた文章の捉え方が変わってくるのではと思います。
私個人のお話が主となってしまいますが、のんくらさんのお人柄が少しでも伝わりますように。

のんくらさんはGoogleAdSenseの存在とサイト運営者としての「あり方」を教えてくれた

のんくらさんとの出会いは、無料ブログで書いた「アフィリエイトに挑戦します!」といった内容の記事に、コメントを入れてくださったことがきっかけです。

ある日、ATMコーナーで家計の現状に絶望を感じ(笑)、ブログを仕事にすることはできないのかな?...と検索し、ASPアフィリエイトを始めたばかりの時期、春から小学4年生になる末っ子が1歳8か月のときです。

当時のんくらさんは、同じ無料ブログサービスでGoogle AdSenseに関するブログを書かれていました。
8年前のその時点から、自分の経験から得たノウハウやAdSenseサイト運営に関する基礎を「必要としている方に届けたい」という想いを発信されていたのです。

私は、のんくらさんのブログを拝読して、初めてGoogle AdSenseの存在、Google Analyticsやサーチコンソール(当時はウェブマスターツール)の使い方、SNSとのサイト連携、HTMLサイトでのアフィリエイトサイト運営の選択肢などを知る機会に恵まれます。
質問をすると、その答えを詳細なコンテンツとして更新してくださったことを今でもはっきりと覚えています。

「役に立つ情報を自分なりの方法で発信し続けていけば、必ず結果に繋がる」

8年前に、グサリと心に刺さったのんくらさんの言葉を胸に抱きつつ、私は今日もパソコンの前に座っています。

私の元へやってきたのんくらさんのレッツノート。宝物が増えました♪

のんくらさんは可能性を潰さない。相手を見極めるお兄さん

出会った当初は、「こんなの作りました!」と複数のサイト作成報告をさせていただいていました。

きっとね。
「ありゃりゃ....」なサイトばかりだったと思うのですが、のんくらさんはいつでも「すごいですね」「よく頑張りましたね」と労いの言葉をかけてくださいました。

そして、タグ構成があまりにもグチャグチャで、サイトの内容と完全に一致しないアドセンス広告が表示されていたときは、ご自身のサーバースペースを使って修正方法を伝授してくださったことはありますが、基本的には「ここはこうした方がいいよ」というアドバイスはありませんでした。

「この人は自分のやり方でやらせておいた方がいい」と。
勝手な推測ですが、私の性格を見抜いてのことじゃないのかな...と思います。

いつでも認めて褒めてくれる。
「きっとうまくいきますよ。自信を持って。お子さん達の側にいてあげてください」

ご家族思いののんくらさんらしいお声掛けに何度も励まされてきました。

我が道を行く。劣等生の私を見捨てることなく見守り続けてくれたのんくらさんは、やっぱり私の「お兄さん」なのです。

のんくらさんとのやりとりはいつだってドライ

8年間交流があるといっても、ここ数年メッセージで会話を交わすのは年に数回。
誕生日や最近では書籍出版とセミナー前後、後はお互いにTwitterで時間を潰してそうなとき(笑)、それはほんの数える程度です。

Facebookに参加していたときの公に出せるコメント欄では明るい雰囲気ののんくらさんですが、1対1の会話はかなりドライです。
実にそっけない...w

この件に関しては、お食事会でも同意してくださる方がいらっしゃったので、多くの方に共通だと思われます。
メッセージの文面だけでは伝わらないこともありますし、相手によってはとらえ方も様々。
その辺を考慮して線引きをされているのかな。という印象があります。

そんなのんくらさんですが、嬉しいことや悲しいことがあったときは真っ先に声をかけてくださる心優しい一面も。
上の綺麗な桜の写真は、第5子死産のご報告の際にメッセージと共に送ってくださったものです。

そして、「書けない壁」を乗り越えることができず、ブログから一度離れたときも、原稿の書き起こしやライターのお仕事で大変お世話になりました。

実際ののんくらさんは、想像通りとても明るくてハートフル。
2人きりでお話できたのは、ほんの数十分でしたが、お互いの子供達や家族、共通の友人のことを語り合ったりと、8年間の年月が一瞬にしてパズルのピースのようにピタっとはまった感覚でした。
お会いできて本当によかったです。

珍道中ポイント1

事前に下見をしておいたのにも関わらず、待ち合わせ場所(セミナー会場)に辿り着くまでに軽く迷う。

珍道中ポイント2

生まれて初めてのホテルラウンジで紅茶の淹れ方がわからない...。

素敵すぎるスイーツにビビる私

Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版]を手に取られる初心者の方へ

私自身、「情報よりも人」という独自のこだわりがあり、サイト運営に関する書籍やブログは、個人的なお付き合いがある方のものしか読んだことがありません。
もしも読んだとしても、右から左へ~となってしまうんですね。
だから成長もゆっくりゆっくり亀の歩み。
困ったものです。

のんくら本は初心者の方にもおすすめしたい一冊

Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版](以下、のんくら本)は、中級者以上向けの書籍として知られていますが、私個人としては、「今後、数年先もずっとサイト運営に挑戦していきたい」という強い意志をお持ちの初心者の方にも是非手にとって読んでいただきたい一冊です。

初心者から中級者への基準ってどこなのでしょう。
収益?
PV数?
知識....?

じゃぁ。年数だけ(それなりに)重ねた私は何級者なのでしょう??

手を動かせば動かすだけ知識は増え、出会いにも恵まれます。
継続して続けていく。ただそれだけで初心者の壁は知らず知らずのうちに乗り越えてしまうのではないでしょうか。

初心者の方はぜひChapter_6の内容をお守りに

もちろん欲しい情報は人それぞれで、読み進め方は自由であって当たり前なのですが、のんくら本を最初から読み進めてみて、途中で「ん~....」と躓いてしまったら、最後の章(Chapter_6)の275ページから280ページに書かれている内容を熟読してみてください。

ノウハウではなく精神論が書かれているページとなりますが、のんくらさんのお人柄に触れ、この先もサイト運営を続けていくための心強いお守りになると思います。

成功体験がないうちは心が何度も折れそうになり、迷いも出るかもしれません。迷ったときは、「サイトを作った当初の目的」を思いだして、原点に立ち戻りましょう。

Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版] P.278より引用

収益のためではなく、ユーザーのためにサイトを運営する気持ちを大切に

Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版] P.280より引用

この章のメッセージを心に置いて、必要なときに必要な個所を何度も読み返す。
そして自分なりの解釈でサイトに取り入れていく。
私は今後も、のんくら本をそんな風に使っていきたいと思っています。

沢山の方から寄せられた書評も参考になります。
Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版]通称:のんくら本書評まとめ。職種別の書評一覧!- 花よりも花を咲かせる土になれ

のんくらセミナー in札幌の様子

前日のお食事会

セミナー前日にはのんくらさんのご厚意で、のんくら本の著者のおひとりであるa-kiさん(@akisfactory)ご夫妻、鈴木利典さん(@suzukidesu_com)、納見健悟さん(@archikata)とのお食事会に同席させていただきました。

ほ....本を出版してないの私だけ?....

そんな場違いな私を優しく受け入れてくださった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

a-kiさんは知的な雰囲気で笑顔が素敵な方。奥様もチャーミングな方で、とてもお似合いのご夫婦でした。
奥様とご一緒のa-kiさんの笑顔が2日間の中で一番キラキラしていたのが印象に残っています。

珍道中ポイント3

北海道民でいながら、次々と出てくる豪華なお料理にいちいち「わぁ~おぅ!」と(密かに)なっていた。

いよいよセミナー開始

無事にこの場所に辿り着けた謎の安堵感

初セミナーで初受付。とても緊張していましたが、前日にお世話になった納見さんが同席してくださりとても心強かったです。

そして笑顔でお声かけくださった方々、わざわざプレゼントを用意して手渡してくださった方々。
とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

珍道中ポイント4

老眼鏡 遠視用眼鏡を忘れ、受付時に質問されたスマホ画面が見えない老婆。

石田健介さんのセッション

のんくらセミナー in札幌は、のんくら本の著者のおひとりである石田健介さん(@MonetizePartner)のセッションからスタート。

石田さんは、Yahoo株式会社、Google株式会社での勤務経験があり、Google AdSense部門チームリーダーの経験を経て、現在はマネタイズパートナー株式会社の代表取締役としてご活躍されている方です。
どれだけ頭がいい方なのでしょう...。

今回の札幌セミナーではハングアウト(ライブ中継)で参加された石田さんのお話しは、のんくら本Chapter_4を実践してのAdsence収益向上事例の具体的な説明として、広告の配置位置やサイズについて、自動広告の特徴と現状で利用する場合のポイントなど、とても学びの多い講義内容でした。

石田さん、ありがとうございました。

a-kiさんのセッション

a-kiさんは、本業のかたわら2000年頃より趣味のギターをテーマにしたサイト運営を開始。
「〇〇といえばこのサイト!」というような「情報サイトのオーソリティー化」を提唱されている方で、電子書籍も出版されています。


情報サイトでオーソリティーを目指そう

こちらのギターサイトはとても有名ですね。
a-ki's factory:ブルースとアコギと初心者のためのギター講座

a-kiさんのお話しは「ミニサイトから始める情報サイト構築法」をはじめとして、Webサイトの独自のジャンル分け、そのメリットとデメリット。
実際のサイト事例にて、デメリットの対処法など、のんくら本に載せきれなかった情報まで詳しく説明されて....

いたのだと思います。

あの....現在ですね。多くの薬を服薬していまして。その副作用に「眠気」「体の力が入りにくい」というものが...さらにですね。セミナー当日は長男の卒業式でして。4時起きで洗濯や家事などをですね....そしてa-kiさんの声が実に優しい癒し系でして...それで...その....

↑ 声が小さいっ!

デンジャラス珍道中ポイント5

a-kiさんの講義中に意識を失う(つまり眠りに落ちていた)

何度も( ゚д゚)ハッ!っと目覚めたものの...身体が完全にバッテリー切れを起こしていました。
記憶をなくしたあたりのメモです。

石田さんとa-kiさんの講義内容については、実際にセミナーで利用したスライドを期間限定でダウンロードすることができます。
これからテーマ特化型のサイトを作っていく予定の私には、a-kiさんのお話しは絶対に必要な情報であったはず。
ですが、いくら悔やんでも時計の針は戻りませんので、いつかリベンジの機会に恵まれることを祈りつつ、今は繰り返しスライドとのんくら本のChapter_5を読んで復習しています。

a-kiさん、ありがとうございました。(申し訳ありませんでした)

のんくらさんのセッション

ありがたいことに、のんくらさんのセッションの前に10分休憩が。
足早に屋上の休憩スペースで一息ついて、化粧室の冷たいお水で手を洗い、ほっぺをペンペン叩き、アホな自分を目覚めさせました。

のんくらさんは、2003年からサイト運営を開始。私が出会った頃は既に8年のキャリアをお持ちのアドセンサーだったのですね。
IT業界において幅広い分野で活躍されているのんくらさんですが、セミナーでは参加されているプロジェクトの説明もあり、改めて凄い人なのだと痛感しました。

また、在宅時には全ての家事やお子さん達のサポートを引き受けているスーパーお父さん。
「パートナーには自分が大変なときに支えてもらったので」と微笑む姿は実に眩しかったです。

のんくらさんのお話しは、YMYL(Your Money or Your Life)について、医療系アップデート以外にも考えられる動向。

E-A-T(Expertise(専門性)・Authority(権威性)・Thustworthiness(信頼性))の重要性。

そして、Twitter上でも話題になっていた「のんくら式」「ずらし」の発想。数々の具体例と共にわかりやすい説明がありました。

そんなことまで教えてくれちゃっていいの?という、のんくらさんの熱意が伝わるとても有益な内容でした。

ご自身の身を削ってまで伝えてくださったノウハウは、実践していくのはもちろんのこと「自分だけの柔軟な発想」のお手本として、10年先も生き残るオンリーワンのサイト運営を目指す目標となりました。

のんくらさん、ありがとうございました。

質疑応答タイム

各セッション終了後は、申し込み時に事前に募集していた質問に答えてくださる質疑応答タイムです。
のんくらさんとa-kiさんの息の合ったコンビトークで、会場は和やかな雰囲気。
一つひとつの質問に対し、一生懸命わかりやすく答えられているお2人の姿に心打たれました。

「キーワードは思いついたときにすぐにメモする習慣を」
「自分の頭で考えていく力を培うことが大切」

そんなお言葉が印象に残っています。

懇親会と三次会

セミナー終了後は札幌駅前の居酒屋で懇親会。
セミナー参加者は60名、懇親会に参加された方は40名ほど。盛大な懇親会となりました。

珍道中ポイント6


盛大な懇親会会場に辿り着くまでに盛大に迷い、札幌駅前(裏?横?)から、札幌駅前の会場までタクシーを使う。

皆さん、どうして迷わないのだろう...。と本気で思った私です。

懇親会は、数年前からお互いに存在だけは知っていた、りんりんさん(@rinrin7777)を始め、沢山の方々と交流させていただく貴重な時間となりました。

そして、のんくらさん、a-kiさんを含めて十数名の方々と3次会へ。

札幌駅前でスマホを使いまくったため、バッテリーが限界に。
「子供達ときちんと連絡とれるようにしておけ」という出張中の夫からのLINEを受け、皆さんにご挨拶(だけ)して、一足先に電車に乗りました。

そして思い出したのでした...。

デンジャラス珍道中ポイント7

3次会で支払いを忘れ、食い逃げする女

もうね。言葉になりませんね。
すぐにのんくらさんにメッセージを入れましたが、時すでに遅し。
紳士的なお返事に情けなさと感謝を感じつつ、珍道中の旅「のんくらセミナー in札幌」の夢のような1日は終わりました。

のんくらセミナー in大阪・那覇にバトンを渡します

のんくらセミナーは今後、4月17日に大阪、5月11日に那覇で開催予定です。
那覇では、のんくらさんがお一人で講師をされるとのこと。他のセミナー会場とは一味違ったお話しが聞けそうですね。

のんくらセミナー in那覇は3月31日まで仮申し込みが可能です。
近郊にお住いの方やご都合の合う方は申し込みされてみてはいかがでしょうか。

GoogleAdSenseフォローアップセミナー(沖縄那覇)のお知らせ - 花よりも花を咲かせる土になれ

のんくらセミナーに持って行ったほうがよいもの

チケット情報画面のスクショ

受付では、チケット情報画面のチェックを行います。
購入の際に表示される下記の画面のスクショを撮って準備していただくとスムーズです。

のんくら本

セミナーでは「のんくら本の何ページ...」という説明が随所でありました。
本を持参しておくと、マーカーでチェックを入れたり付箋をつけたりと後の復習に便利です。

講師の方々のサインをいただけるのも嬉しいですね。

専用ノートと名刺

講義内容や心に刺さった言葉を書き込む専用ノートがあると便利です。
名刺は、100円ショップのセリアさんで購入した専用シートを使ってWordで作りました。

私は受付で強制的に名刺を渡す(笑)という機会に恵まれましたが、何人かの方々も名刺を手渡してくださり、専用ノートにスクラップして大切に保管しています。

最後に、札幌セミナーに参加された方の関連記事とTwitterでの声を掲載して記事を締めくくります。

改めまして、講師陣の方々とセミナーでご一緒させていただいた方々に感謝御礼申し上げます。
長文に最後までお付き合いくださりありがとうございました。

のんくらセミナー in札幌の関連記事

のんくら本セミナー(札幌)と懇親会レポ - そろもん

のんくらフォローアップセミナーの為に札幌に行った甲斐があった! - 矢駒の人生再出発!

のんくらセミナー札幌(Google AdSenseフォローアップセミナー)に参加「セミナー参加でこそ得られるもの」- アクセスSEO対策

「Google AdSenseフォローアップセミナーin 札幌」通称のんくら本セミナー参加レポ - 札幌でアドセンス

Twitterの声

納見さんのツイートはスレッド形式でセミナー内容が細かく説明されています。

https://twitter.com/yama_a7/status/1106167144180416513

https://twitter.com/summoner_k/status/1105746153910394880

ありがとうございます♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

スポンサーリンク

-ブログ・サイト運営

Copyright© Kanamii , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.