Kanamii

伝えたい想いを自分らしく・・・

kanamii-2243-1

スポンサーリンク

STINGERカスタマイズ

STINGER PLUS 「子テーマ」がダウンロードできない!そんな時は自分で作成してみよう♪

2016/11/02

2016年10月現在、STINGER PLUSのテーマ及び子テーマのダウンロードが停止中となっています。

それに伴って、「子テーマだけを今から入手したいけどできません。何か良い方法はありませんか?」といった内容のお問い合わせを多くいただくようになりました。

子テーマが持つ「アップデートへの対策」よりも「親テーマを直接編集するのが怖い」といったご意見が多いです。

確かに、カスタマイズ中にエラーが発生して解決できなくなってしまった場合や、ファイルの編集内容をリセットしたい場合などにも子テーマは役立ちますよね。

また、子テーマを作成することで、変更を行ったファイルの確認や管理もしやすくなります。

ということで。

今回は、STINGER PLUSの子テーマを自分で作成する方法をご紹介していきたいと思います。

記事作成にあたり、STINGERシリーズの作者であるENJI様より子テーマファイル内のコードの掲載許可をいただいています。
迅速なご回答とご快諾を心より感謝申し上げます。

スポンサーリンク

パソコンで新規フォルダとファイルを作成

テキストエディタやFTPクライアントソフトなどのフリーソフトを使わず、Windows10の標準仕様のみで子テーマを作成する手順を説明していきます。お使いのOSによって、新規フォルダとファイルの作成方法や編集方法に違いがあるかと思いますが、その点はご了承ください。

子テーマフォルダの作成

新規フォルダを置く場所はどこでも構いませんが、今回は「デスクトップ」に作成していきます。
デスクトップの空きスペースで右クリック→新規作成→「フォルダー」をクリックして新規フォルダを作成。

kanamii-2243-2

フォルダ名は、右クリック→「名前を変更」で「stingerplus-child」に変更します。

kanamii-2243-3

フォルダ内に新規フォルダとファイルを作成

上記で作成したフォルダをダブルクリック→フォルダ内に「新規フォルダを1つ」と「新規ファイルを2つ」作成します。

kanamii-2243-5-2

新規フォルダは、上記と同じ作成方法で。新規ファイルは、空きスペースで右クリック→新規作成→「テキストドキュメント」をクリックして作成してくださいね。

kanamii-2243-4

作成後、フォルダ名を右クリック→「名前を変更」で「images」に変更、ファイル名は「style.css」「functions.php」にそれぞれ変更してください。

ファイル名の変更時に、『拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?』と表示されますが、「はい」をクリックしてください。

kanamii-2243-6

このようになればOK。

kanamii-2243-7

style.cssをメモ帳で編集

上記で作成した「style.css」を右クリック→プログラムから開く→「メモ帳」を選択。

kanamii-2243-11

下記コードを追加して保存してください。

子テーマフォルダを圧縮

デスクトップに戻り、子テーマフォルダ「stingerplus-child」を右クリック→送る→「圧縮(zip 形式)フォルダー」をクリック。

kanamii-2243-10

下記のような圧縮ファイルが作成されます。
ここまでで、パソコン内での作業は完了です。

kanamii-2243-9

【おまけ】screenshot.pngについて

子テーマフォルダ内に、350×230ピクセル以上の「screenshot.png」というファイル名にリネームした画像ファイルを追加すると、インストール済みのテーマ選択画面に追加した画像が表示されるようになります。

子テーマの場合は、あくまでも「自分だけの見た目」の問題ですので必要ないかな?と個人的には思いますが、お好みに応じて追加可能です。

下記は、自作テーマでの表示例です。

kanamii-2243-8

WordPressへのアップロードと有効化

WordPressダッシュボード→外観→テーマ→新規追加→テーマのアップロード→「ファイルを選択」→デスクトップに作成した「stingerplus-child.zip」を選択して子テーマをアップロードします。

インストール済みのテーマ内にこのように追加されていればOKです。
「有効化」をクリックしてくださいね。

kanamii-2243-12

functions.phpを編集

最後の作業は、空のままアップロードした「functions.php」の編集作業です。

WordPressダッシュボード→外観→テーマ→テーマの編集→右上の「編集するテーマを選択:」の欄が「stingerplus child」になっていることを確認→右側にある『テーマのための関数(functions.php)』をクリック→下記コードを追加してファイルを更新してください。

これで全ての作業は完了となります。
お疲れ様でした。

子テーマフォルダ内に作成した各フォルダとファイルの説明、style.cssとfunctions.php以外の各テーマファイルの子テーマ作成方法は、下記ページでご紹介しています。

WordPressのカスタマイズ ~子テーマ利用のメリットとデメリット・各テーマファイルの子テーマ作成方法~ - ゼロからのWordPress入門【18】

子テーマの作成方法は、テキストエディタで作成したファイルをFTPでアップロードする方法や、レンタルサーバーのFTPサーバーを直接編集する方法など様々ですが、今回はWindows10の標準仕様を用いた方法をご紹介しました。

これからカスタマイズに挑戦される方のお役に立てますように。

最後までお付き合い下さりありがとうございます。

▶STINGER PLUS+ カスタマイズ全記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Facebook・Twitterへ最新記事をお届けします

-STINGERカスタマイズ